日本語 | English
 

図書館ホーム > お知らせ 
 

図書館からのお知らせ

図書館からのお知らせ >> 記事詳細

2024/02/01

ぬくぬく ぽかぽか 6分読書

| by 図書館管理者
冬は“うつ”になりやすいといわれているのはなぜでしょう。

大きな理由の一つとして、日照時間の短さが挙げられます。
太陽光を浴びる時間が少なくなると、ストレスを緩和するセロトニンの生成が滞り、やたらといらいらしたり不安になりやすくなってしまうのです。
北欧や雪国での冬季うつは、この日照不足が主な原因といわれています。

そこでみなさんにおすすめなのが、本を読むこと。

実は読書はストレス解消、リラックスにとても効果的な対処法なんです。
読書をすると、
・脳内にセロトニンやエンドルフィンという、気分を高めたり、痛みを和らげたりする作用のホルモンが増える
・言語や想像力に関係する部分である、脳の左前頭前野や右側頭前野が活性化する(ストレスや不安に関係しない部分)
・読書によって共感能力が高められ、新しい経験や知識を得ることにより、自己肯定感や満足感が高まる
 上記のような効果が…。

静かなところで6分間読書するだけでストレス解消効果が得られるという、即効性があることもわかっているようです。

こころの健康に良い影響のある読書。
冬のうつうつとした気分を和らげる方法として、ぜひお手に取ってみてください。


展示期間:2024年2月1日(木)~2月29日(木)
展示場所:図書館本館1・3号館の企画コーナー
09:00 | 企画展示 | 東広島本館